出光カード/ 出光カードまいどプラス/ 出光ゴールドカード/ 年会費無料クレジットカード/ ガソリンカード/

クレジットカード(メインカード)の賢い選び方を学ぶ

クレジットカードを賢く選ぶには、どこに気をつけたらよいんでしょうか?


年会費無料クレジットカード比較でも紹介してんように、それこそ年会費が無料のクレジットカードだけでもごっつうの種類がおます。


ポイントやマイルがたまったり、海外旅行保険やらなんやらの付帯保険が充実してんクレジットカードや、Edyやらなんやら電子マネーの機能がついとるもんやらなんやら様々。


なかには用途別に5枚も10枚もクレジットカードを持っとるちう方もおらはるんとちゃうでっしゃろか?


これからクレジットカードを作るゆう方も、またすでにようけのクレジットカードを持っとるちう方も、もういっぺんご自身にあったカードを選んでみることをおすすめしまっせ。


基本的には所有するクレジットカードは2〜3枚。
日常で主につかうメインのクレジットカードを1枚選んで、そのほかの1、2枚で足りまへん部分を補うゆう考え方がええ思うで。


そもそもポイントをためる為にクレジットカードを利用されとる方も多い思うんやが、そのポイントもいくつもんカードに分散してもうていては、還元できるまでに時間がかかるさかいに、あんまりうまみがあるとは言えしまへん。

たとえ年会費が無料のクレジットカードを選んで、損はしていへんかったとしたかて、
「でも得もせぇへんかったね…」ちうことになりかねしまへん。


まずはオノレのライフスタイルを確認して、ご自身にあった一枚のクレジットカードを選びまひょ。


日常のスーパーやデパートでの買い物に重きをおくのやったら、例あげたろか、たとえばやなあジャスコで割引になるイオンカードや、ダイエーグループで割引になるOMCカード東急グループのお店で割引になる東急TOPカードやらなんやらを選ぶとええでっしゃろ。また旅行が趣味やったら、マイルがたまりやすいクレジットカードを選ぶ方法もおます。


現在では各クレジットカード会社とも年会費無料で、しかも付帯サービスもごっつう充実したカードを用意してるんやが、メインのカードを選ぶ際は、あるサービスを使うわ、例あげたろか、たとえばやなあ特定のお店で買い物をする利用頻度を考えて、年会費を支払うクレジットカードを選ぶことも重要や。


わずかいな年会費を支払うことで、それ以上の割引受けられはる場合があるからや。


例あげたろか、たとえばやなあ東急TOPカードのなかのTOP&ClubQカードは、ご利用額に応じて3%〜8%のポイントがつきまんがな、東急系列のお店でよう買い物をするゆう方にはおすすめや。


基本的にはメインに選んや一枚で、おおかたのクレジットカード決済を行うようにしまひょ。


| クレジットカードの選び方を学ぶ

クレジットカード(メインカード)の賢い選び方を学ぶは参考になりましたか?

無料クレジットカードの選び方/審査に通るのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]海外旅行保険つきクレジットカードを学ぶ
>>[次]クレジットカード(サブカード)の賢い選び方を学ぶ

無料クレジットカードの選び方/審査に通るのTOPへ
"クレジットカード(メインカード)の賢い選び方を学ぶ"のTOPへジャンプ

その他のカテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。